1. 用語
  2. 習俗と遊里
  3. 遊里のひとびと

江戸時代の遊女にはこまかい格付けがあったが、最上級の遊女は公家や大名を相手にする高い教養を備える、人々のあこがれを一身に集める存在であった。大勢の禿や新造を従え、茶屋の客を出迎える花魁道中は歌舞伎の舞台の華。遊里に生まれた独特な文化は、さまざまなポジションの人間によって支えられていた。(小宮暁子)

  1. 用語
  2. 習俗と遊里
  3. 遊里のひとびと