俳優の演技を助ける後見と黒衣は、日本の芸能の便利な発明です。後見人という言葉もあるように、演者を見守り助ける役で、能・狂言にも登場します。黒衣も後見の一種で、俳優はその助けで瞬時に衣裳や髪型を替えたり、道具を手にしたり、不要になった道具は消したりできます。近代演劇とは根本的に異なり、歌舞伎では門口の格子戸や木戸も、不要になれば劇中でも、さっさと片付けてしまいます。