「か行」の検索結果

キーワードから探す

五十音から探す

1 2

天衣紛上野初花~河内山と直侍

狡猾な悪党か弱者の味方か?どこか憎めぬ河内山宗俊が、わがまま大名をやりこめる。御家人くずれの直侍(なおざむらい)は江戸から逃げるその前に、恋人にひと目逢おうと雪夜を急ぐ。

詳細を見る

芦屋道満大内鑑~葛の葉

愛しい子を捨て、「恋しくば尋ねきてみよ」の歌を残して消えた女房は、実は狐の化身だった…

詳細を見る

籠釣瓶花街酔醒

花の吉原に咲き誇る、桜の花と花魁の華。その美しさに溺れた次郎左衛門は醜いながら素直な心。しかし冷たい愛想尽かしが、刀の妖しい光を招き寄せる。

詳細を見る

元禄忠臣蔵

“人はただ初一念を忘れるな”。その快挙を成し得たものは、大石内蔵助の固い信念にほかならぬ。そしてそれを支え見守った、多くの人たちが居た。

詳細を見る

鎌倉三代記

北条時政討ってみしょう 男のためなら父をも殺そう 赤姫の恋はいつも盲目

詳細を見る

壇浦兜軍記~阿古屋

いくら責められても、阿古屋(あこや)は恋しい夫景清の行方を告げない。豪華絢爛、満艦飾に着飾った花魁が、夫の行方を思いながら一心不乱に奏でる三曲の音色。

詳細を見る

鬼一法眼三略巻

平家全盛の世にあって、源氏再興を秘かに願う者たちの、飽くなき 戦いがここに。主従・親子・兄弟・夫婦が心を合わせて切り拓く、 平家討伐への熱き道のり。

詳細を見る

心中天網島~河庄・紙屋内

妻子持ちの男の一途な恋、 女房への義理と金に詰まった治兵衛と小春が選んだ道は…。

詳細を見る

仮名手本忠臣蔵

輝かしい敵討ち達成の陰で流された、数多くの血と涙。 史実を凌ぐドラマが胸に迫る歌舞伎の最高傑作!

詳細を見る

菅原伝授手習鑑

天神様として敬愛される菅原道真公。描かれるのは道真公と、その家来の三つ子たちの、三つの親子の別れ。

詳細を見る

京鹿子娘道成寺

恋する娘心の万華鏡。 恋はいつだって嬉しくて、そして切ない。

詳細を見る

廓文章〜吉田屋

大坂の究極のぼんぼん伊左衛門と廓きってのスター 夕霧太夫、ビッグカップルが織りなす口舌(くぜつ)。 口舌とは恋人たちの口喧嘩のこと。

詳細を見る

隅田川続俤~法界坊

悪い奴だが憎めない、悪と愛嬌の裏表。したい放題やり放題、揚句の果てにゃ化けて出る。なぜか人気の法界坊。

詳細を見る

盟三五大切

だましだまされ~揚句は凄惨な殺しの悲劇。男と女、忠義と金。 「忠臣蔵」と「四谷怪談」を背景に、人間の深部を鋭く描く異色作。

詳細を見る

国性爺合戦

「父は唐土(もろこし)、母は日本」両国の間に生まれた熱血漢 和藤内(わとうない)が、異国の地で大活躍。

詳細を見る

源平布引滝~義賢最期・実盛物語

平家全盛の世に、次第に追い詰められる源氏の木曽義賢。孤独な戦いの末に壮絶な最期を遂げるが、義賢から源氏の白旗を託された女の腕が奇跡を引き起こす。

詳細を見る

ひらかな盛衰記~源太勘当・逆櫓・神崎揚屋

恋に生きた源太と千鳥、忠義を貫いた英雄樋口次郎。 二つのエピソードで描く源平合戦の世界。

詳細を見る

彦山権現誓助剱~毛谷村

豊前国(ぶぜんのくに)の山村に暮らす「気は優しくて力持ち」の好青年の前に、突然、虚無僧すがたの怪力の女が現われた!

詳細を見る

寿曽我対面

父を討たれて十八年の艱難辛苦。 敵(かたき)工藤と対面した兄と弟は・・・・・。

詳細を見る

祇園祭礼信仰記〜金閣寺

天下と美女、両手に花をもくろむ謀反人。 その野望の前に立ちはだかる智将の人質救出作戦は成るか。 夫の危機に美女が見せる名画の奇瑞とは。

詳細を見る
1 2