ちきょうだい 乳兄弟

同じ人の乳を飲んだ人同士。昔は位のある人や裕福な家においては、生母が直接子に乳を与えず、同じ時期に子を産んで乳の出る女性が乳を飲ませることが行われていた。たとえば、大名の子息(子女)とその乳母の子供たちは乳兄弟となる。春日局が将軍家光の乳母となったため、乳兄弟である稲葉正勝は家光の小姓となり、老中・大名に出世した。『ひらかな盛衰記』に登場する樋口次郎兼光は木曽義仲の乳兄弟。(小宮暁子)

【写真】
『伽羅先代萩』[上から]足利鶴千代(中村鶴松)、一子千松(中村虎之介) 平成18年1月歌舞伎座