あいたいじに 相対死

男女、二人の合意で自殺すること。情死、心中ともいう。元禄(1688~1704)期以降心中が実際でも芝居でも相乗作用で大流行し、時の幕府は享保7年(1722)心中物出版、上演の禁止令を出して、心中の言葉を避けて「相対死」の言葉を使わせようとしたという。(小宮暁子)