やまぶし 山伏

仏道を修行するため山野に起臥する僧。修験者ともいう。『勧進帳』では源義経主従が山伏とその荷を持つ家来の強力(ごうりき)に身なりをかえて陸奥へ向けて落ちてゆく。(小宮暁子)

【写真】
『勧進帳』[左から]武蔵坊弁慶(中村吉右衛門)、源義経(坂田藤十郎)、亀井六郎(中村歌六)、片岡八郎(中村又五郎)、駿河次郎(中村扇雀)、常陸坊海尊(中村東蔵) 平成26年3月歌舞伎座