かむろ 禿

遊女が使う幼女。7、8歳からせいぜい12、3歳までの少女。いわゆるおかっぱ頭を長めに肩辺りで切りそろえている。歌舞伎の舞台ではたいてい真っ赤な着物で両手を胸の辺りで交差させ、しずしずと花魁にしたがっている。髪を結い花簪を盛大にさしている児もいる。世話物の芝居ではけっこうませた口をきく児もいる。(小宮暁子)

【写真】
『戻駕色相肩』禿たより(尾上右近) 平成21年5月歌舞伎座