「あ行」の検索結果

キーワードから探す

五十音から探す

1 2
New

天衣紛上野初花~河内山と直侍

狡猾な悪党か弱者の味方か?どこか憎めぬ河内山宗俊が、わがまま大名をやりこめる。御家人くずれの直侍(なおざむらい)は江戸から逃げるその前に、恋人にひと目逢おうと雪夜を急ぐ。

詳細を見る

芦屋道満大内鑑~葛の葉

愛しい子を捨て、「恋しくば尋ねきてみよ」の歌を残して消えた女房は、実は狐の化身だった…

詳細を見る

元禄忠臣蔵

“人はただ初一念を忘れるな”。その快挙を成し得たものは、大石内蔵助の固い信念にほかならぬ。そしてそれを支え見守った、多くの人たちが居た。

詳細を見る

壇浦兜軍記~阿古屋

いくら責められても、阿古屋(あこや)は恋しい夫景清の行方を告げない。豪華絢爛、満艦飾に着飾った花魁が、夫の行方を思いながら一心不乱に奏でる三曲の音色。

詳細を見る

鬼一法眼三略巻

平家全盛の世にあって、源氏再興を秘かに願う者たちの、飽くなき 戦いがここに。主従・親子・兄弟・夫婦が心を合わせて切り拓く、 平家討伐への熱き道のり。

詳細を見る

近江源氏先陣館~盛綱陣屋

戦場で心ならずも敵同士となった兄と弟。兄は弟を案じ、弟は子を犠牲にしてまでも再起を図り、母は兄弟の板ばさみに苦悶する。 戦のために引き裂かれる家族の悲劇。

詳細を見る

操り三番叟

マリオネットが舞い踊る五穀豊穣の舞。 俳優が操り人形になりきる究極の物まね芸。

詳細を見る

女殺油地獄

遊びの金につまった無軌道な若者 惨殺したのは町内の美しい人妻だった

詳細を見る

色彩間苅豆~かさね

愛した人は、かつて母の恋人だった。 そして突然に、美しい顔が変わり果て…。 男と女の心のすれ違いに深い因果が絡む舞踊劇。

詳細を見る

新版歌祭文~野崎村

純情な田舎娘お光と許嫁の久松。久松への叶わぬ恋に死ぬ覚悟のお染。若い三人のせつない恋の結末は…。

詳細を見る

妹背山婦女庭訓

この世の恋は来世に託して…。 政変のはざまで生まれたいくつもの恋のゆくえ。

詳細を見る

伊勢音頭恋寝刃

ものの弾みか、はたまた妖刀のなせるわざか。愛する男のために良かれと思った女の思惑が掛け違い、予期せぬ惨劇を呼ぶ。 仇花のような夏芝居。

詳細を見る

新皿屋舗月雨暈~魚屋宗五郎

実直一途の魚屋宗五郎。妹が非道な手討ちにあったと知り、 酒をあおって殿様のもとへ。

詳細を見る

絵本太功記~尼ケ崎閑居

夕顔棚のこなたより現われ出(いで)たる光秀の 竹槍の穂先が捉えたのは何者か・・・。

詳細を見る

伊賀越道中双六~沼津

幼いとき生き別れた実の息子に、 たまたま巡り合った老父が命を捨てての頼みごと。

詳細を見る

冥途の飛脚~梅川忠兵衛

恋に溺れた男が、為替の大金に手を付けた。 二人で逃げて逃げて、落ちゆく先があの世とわかっていても。

詳細を見る

黒塚

哀しみの果てに鬼となった女。その憂い、喜び、そして怒り。

詳細を見る

一谷嫩軍記~熊谷陣屋

父が戦場で選んだ厳しい道、 わが子を身替りにして、得られたものは……。

詳細を見る

花街模様薊色縫~十六夜清心

寺を追われた所化の清心、心はひとつとすがる遊女十六夜。 やがて清き心も水に消え、巷(ちまた)に咲いた悪の華。 これも運命のいたずらか。

詳細を見る

梶原平三誉石切

名刀を介して通い合う、武士(もののふ)と父娘の心。 そして「敵方」の父娘の目の前で、勇者・梶原が見せる奇蹟……。

詳細を見る
1 2