歌舞伎用語案内とは

(文責 浅原恒男)


趣旨とあらまし

歌舞伎は特別な予備知識がなくても、充分に楽しめるものです。

あまり難しく考えず、素直でゆったりと観劇しているうちに、自然とその面白さと魅力が分かってくるのが理想です。

しかし、どのような芸術や文化も、その良さをより深く味わいたいと望むなら、その世界の約束事や歴史を知る方が楽しいのは確かです。歌舞伎の楽しさを知れば知るほど、自然にいろいろと知りたいと思うようなるでしょう。

歌舞伎は、戦国時代が終わり、世の中が平和になった17世紀初頭に庶民の中から生まれ、江戸時代三百年の歴史の中で、独自の発展をとげてきました。さらに、明治の文明開化から西洋文化と出会い、近代日本の歩みとともに、伝統の継承と新しい創造を重ねてきました。その間に、ほかの芸能にはない特質も蓄積されています。

この用語案内は、そうした歌舞伎の世界を、誰もがより深く楽しむための道標となるべく、開設しました。

解説はなるべく平易な文章で、かつ正確さを心がけました。

ご意見ご要望、ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局までメールにてお知らせください。



内容と構成

この用語案内は、各ジャンル毎に、大項目、中項目、小項目の三段階になっています。

これは個々の用語を羅列するだけでなく、その用語がそのジャンル全体の中でどのような意味を持っているのかをご理解いただけるよう配慮したためです。

たとえば「車鬢」という鬘(髪型)は、立役(男の役)の鬘の一種であり、荒事という役柄の扮装の一部です。そこで読者は「車鬢」という用語を調べるだけでもいいですし、さらに「立役の鬘」という中項目でほかにどんな種類の鬘があるのか、また「鬘」という大項目を読むことで歌舞伎の鬘の基礎知識と、「車鬢」が鬘全体の中でどんな意味と位置づけをもっているのかを、理解できるように構成されています。 



検索方法

上記のように、目次で大項目→中項目→小項目とたどっていくことも可能ですし、逆に、小項目→中項目→大項目と読み進めていくことも可能です。

また、キーワード検索で知りたい用語を探せるよう、検索システムを現在構築中です。
もうしばらくお待ちください。



編集製作プロジェクト

監修
  • 古井戸 秀夫(東京大学名誉教授)
編集
  • 前川 文子(歌舞伎研究家)
執筆者(五十音順)
  • 阿部 さとみ(歌舞伎・舞踊研究家)
  • 金田 栄一(歌舞伎座舞台(株)顧問)
  • 小宮 暁子(歌舞伎研究家)
  • 田村 民子(ライター)
  • 橋本 弘毅(公益社団法人日本俳優協会事務局嘱託)
  • 日置 貴之(白百合女子大学准教授)
  • 東  功吾
  • 前川 文子(歌舞伎研究家)
  • 安冨  順(白百合女子大学非常勤講師)
  •   ○
  • 公益財団法人松竹大谷図書館
事務局
  • 浅原 恒男(公益社団法人日本俳優協会事務局長)
  • 亀井 理恵(公益社団法人日本俳優協会事務局職員)
サイト構築・運営
  • 飯田 洋一(有限会社たて新)
プログラミング・

デザイン
  • 茶屋 孝典
  • 小野寺慈雄
協力・写真
  • 松竹株式会社、田口 真佐美、二階堂 健


  1. 用語案内トップに戻る
  2. 歌舞伎の小道具に戻る